ファイナンス

私が仮想通貨取引サイトをコインチェックからビットフライヤーに乗り換えた理由

これまで仮想通貨の取引所はCoin check(コインチェック)を利用していましたが、先月からはbitFlyer(ビットフライヤー)に乗り換えました。

ビットフライヤーを選んだ主な理由としては次の点が挙げられます。

  • 仮想通貨の積み立て購入の方法が柔軟な点
  • 楽天市場をはじめ多くのサイトと提携しており、ビットフライヤーのサイトを通してそのサービスを利用するとビットコインがもらえる点
  • Braveブラウザを利用して貯められるBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いがある点

それぞれ解説していきます。

仮想通貨の積み立て購入の方法が柔軟

ビットフライヤーのウェブページ、もしくはアプリ内のメニューに「かんたん積立」という項目があります。

クリックすると、ビットフライヤーで取り扱いのある仮想通貨の一覧が表示されるので、積立購入を行いたい仮想通貨をクリックします。

積立頻度では次のパターンが選択可能です。

  • 毎日1回
  • 毎週1回
  • 毎月2回(1日と15日)
  • 毎月1回

積立頻度で「毎週1回」もしくは「毎月1回」を選択すると、右隣にある積立日の項目が選択できるようになります。
「毎週1回」の場合は曜日を選ぶことになり、「毎月1回」の場合は1日から31日までのいずれかの日付を選びます。

そして積立金額。
100円から購入でき、100円単位での指定が可能です。
先に指定した頻度、積立日で、この金額分を定期的に購入していく、ということです。

提携サイトを利用するとビットコインがもらえる

ビットフライヤーサイトの「ビットコインをもらう」メニューの中に提携サイトの一覧があります。

オンラインショップやサービスなど、様々なサイトと提携しており、ビットフライヤーのサイトを通して各ショップを利用することで、ビットコインがもらえる仕組みです。

例えば楽天市場。

上記の「ビットコインをもらう」メニューを通して楽天市場にアクセスし買い物をすると、商品価格の0.6%分のビットコインがもらえます。

楽天市場ではアプリで買い物をするとポイントが+0.5倍(%)付きますが、このビットフライヤーを通しての買い物は楽天市場アプリではなく、ブラウザーでの買い物となります。

そこで考えるべきは、どちらの方法がよりお得か、という点。
ビットフライヤーを通すことで0.6%分のビットコインがもらえるとなると、通常の楽天市場でのアプリで行う買い物より割が良くなります。しかもビットコインで受け取れるので、その価格の変動によっては圧倒的なメリットにもなり得ます。

考え方は人それぞれだと思いますので、ライフスタイルに合わせて活用すれば良いのではないでしょうか。

仮想通貨 BAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いがある

Brave(ブレイブ)というウェブブラウザをご存知でしょうか?

各種の広告をブロックしてくれるブラウザとして、最近人気が出てきているブラウザです。

Braveのダウンロードはこちら
https://try.bravesoftware.jp/ref/ja-adblock-apr-2021/w.html

一般的な広告はブロックしてくれる一方で、Braveが提携しているサイトの広告が時々表示されます。
ただし、その表示のされ方はすごく控え目で、画面右下にバルーン表示で出るのみ。
そして、その広告を見るだけでBAT(ベーシックアテンショントークン)が貯まるのです。

ビットフライヤーではBATの取り扱いがあるため、Braveブラウザで貯めたBATをビットフライヤーに送金することが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
単に仮想通貨の売買を行うだけのサイトではなく、付加価値や新たなサービスを加えたビットフライヤーが自身のライフスタイルには合っていると思ったための乗り換えでした。

今なら下記のURLより、招待コード「adh42lyq」を入れてビットフライヤーのアカウントを作成すると1,000円分のビットコインがもらえます。(アカウント開設後の翌日あたりに振り込まれます。)
ただし、現在はアプリでのみ対応しているため、ビットフライヤーアプリをダウンロード&インストールしてからアカウント作成へとお進みください。

招待コード
adh42lyq

招待URL
https://bitflyer.com/invitation?id=adh42lyq&lang=ja-JP

普段の生活で利用しているサービスを置き換えていくだけでビットコインが自然と溜まっていくビットフライヤー、おすすめです。

iPhoneアプリ「ステラウォーク」による仮想通貨XLM(ステラルーメン)の収益実績(2022年2月分)

1月より利用を始めたiPhoneアプリの「ステラウォーク」。
歩いた歩数に応じて、仮想通貨のXLM(ステラルーメン)がもらえるというものです。

1月の後半から使い始めたため、1月中に貯められたジェム(歩数に応じてもらえる宝石)は268個でした。
これを申請して2.152634 XLM(この時のレートで59円)をゲットしました。

そして今回、2月はこのアプリを丸々ひと月のあいだ利用することが出来ました。
貯められたジェムは820個。

申請から3日後に入金連絡が来た

3月1日に即申請を行っていましたが、本日入金されました。
前回は申請から入金まで1週間程度掛かったので、今回はとても早い印象です。

現在、仮想通貨の取引ではビットフライヤーを利用していますが、スマホアプリでの通知と、メールでの通知がありました。
ちなみに届いたメールの内容はこちら。

ビットフライヤーにログインして確認してみると、ちゃんと反映されていました。

ステラウォークの1ジェムは何円に相当するのか

今回、820個のジェムが6.797744 XLMになりました。
上記の画像の通り、この時のレートで6.797744 XLMが144円ということは、1ジェムあたりはおよそ0.175円、ということになります。

144 / 820 = 0.175609756097561

まとめ

自身のライフスタイルで言うと、週のうち出社と在宅勤務が半々ほどのためこのような結果ですが、週5で出社する方であれば単純にこの倍ほどは稼げることになりますね。
ちなみに、アプリ「ステラウォーク」では1日の歩数の上限が8,000歩となっています。
日頃から歩く習慣のある方は是非このアプリを入れておきましょう。

【アプリ】cheeese(チーズ)でビットコインを細々と稼ぐ

先日紹介した「ステラウォーク」のような歩数による形式ではないですが、単純に広告を見るだけでビットコインがもらえるというアプリもいくつか存在します。

そのうち、私が利用しているのは「cheeese(チーズ)」というアプリ。

自身の興味のあるニュースのジャンルをあらかじめ設定しておき、毎日更新されるそれらのニュース記事を読むだけでビットコインがもらえます。

ひとつのニュース記事を読んだときにもらえるビットコインは「0.00000001 BTC」。

ポップアップの画面下部に「1,000 CHSを支払うとBTCが2倍もらえます」と書かれています。

CHSとは、「cheeese」内で動画広告を見ることで貯められるポイントのことで、一度の閲覧で1,000 CHSが取得できます。

画面右上にある「チャージ」ボタンをタップすることで動画広告を見ることができます。

一度閲覧するとしばらくはボタンがグレーアウトしてタップできなくなりますが、1時間ほど経つとまたタップできるようになっています。

そうして貯めたCHSを、テキストの広告を見るたびに使用することで、倍の「0.00000002 BTC」をゲットすることが可能となります。

なお、1日にビットコインが貯まるニュース記事を閲覧可能なのは4記事までです。

アプリで貯めたビットコインの送金ルール

「cheeese」で獲得したビットコインは下記のようなルールで送金可能です。

送金に必要な最低BTCは0.00002 BTC。
そして送料として0.000005 BTCが必要となります。
つまり、0.000025 BTCを貯めないと、外部のウォレットに送金することが出来ません。

ビットコインがもらえる閲覧可能なニュース記事は1日当たり4記事です。
毎回1,000 CHSを支払って2倍獲得したとして、1日でもらえるビットコインは0.00000008 BTC。

0.000025 BTCをためるには、313日必要です。およそ1年ですね。
そして0.000025 BTCはおよそ125円(1 BTC = 5,000,000円で計算)

1年かけて125円をためる。う~ん、効率は良くないですね。
ビットコインの今後の成長に期待です。

仮想通貨のXLM(ステラルーメン)が貯められるアプリ「ステラウォーク」の方が圧倒的に稼げますね。

【アプリ】ステラウォークから初回のXLM(ステラルーメン)の入金があった!

先日、iPhoneアプリ「ステラウォーク」について紹介しました。
自身が歩いた歩数に応じて、仮想通貨の「XLM(ステラルーメン)」がもらえるというものです。
詳しくは先日の投稿をご覧ください。(この下にリンクを貼っておきます。)

申請から6日後に入金された

私は2022年1月22日からこのアプリを使い始め、1月中に貯められたジェム(歩数に応じてもらえる宝石)は268個でした。

そして、2月1日にXLM(ステラルーメン)への交換申請を行いました。
ステラウォークでは、前月に集めたジェムをXLM(ステラルーメン)に交換するための期間が決められており、その期間内に申請を行う必要があります。

スケジュール上では2月10日までにXLM(ステラルーメン)の振込が行われるとのことだったので待っていたのですが、特に連絡なども無く。

そして、気になりコインチェックのウォレットを見てみると、なんとしれっと入金されているじゃないですか!
2月1日に申請を行い、2月7日に振り込まれたので、申請からおよそ1週間後ですね。

ちなみに、ステラウォークから入金のお知らせなどは特にありませんでした。

上の画像はコインチェックの取引履歴です。
2月7日に「2.152634 XLM」の入金があることが分かります。
現時点でのレートで1 XLMは27.688円。
2.152634 XLMで59円です。

1月22日にアプリの利用をスタートして、ジェムがもらえるほど歩けたのは実質8日間。
今回の結果から見ると8日間で59円稼げたことになるので、このペースでひと月過ごせたら、単純計算でこの4倍は歩けるはず。

つまり、ひと月ではおよそ59円×4=236円稼げることになります。
年間だとおよそ3,000円にもなります。
(いずれも1 XLM = 27円での概算)

通勤やウォーキングなど、普段から歩くという習慣がある方は、それをそのままお金(仮想通貨)に変えることが可能ですので、やらない手はないですよね。

【アプリ】ステラウォークで仮想通貨のXLM(ステラルーメン)を稼ぐ

アプリ「ステラウォーク」とは

iPhoneのアプリ『ステラウォーク』をご存知ですか?
iPhoneの万歩計機能と連動させると、歩いた歩数に応じてポイント(ジェム)が貯まり、そのポイントを月ごとに仮想通貨のXLM(ステラルーメン)に交換できるというもの。

月の半ばからアプリをダウンロードしてのスタートとなりましたが、今回初めてXLM(ステラルーメン)への交換申請まで済ませたので、アプリの使い方から申請方法までを解説します。

ステラウォークアプリをダウンロードして初期設定を済ませる

App Storeで「ステラウォーク」を検索し、インストールします。

アプリを起動した画面がこちら。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ1

「次へ」をタップ。
iPhoneのヘルスケア機能との連携を求められるので許可します。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ2

画面右上の「許可」をタップ。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ3

ひたすら歩いて、歩数に応じたカプセルをゲットする

「今日の歩数」と書かれたメインの表示の下に、4段階のステップに区切られたゲージがあります。

1,500歩、3,000歩、5,000歩、8,000歩。
それぞれのステップに到達すると、ゲージのすぐ上に表示されているカプセルがタップ出来るようになります。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ4

ゲージの上に表示されたカプセルをタップするとチェックマークに変わり、カプセルは画面下部の「保有済みカプセル」欄に移動します。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ5

保存済みカプセル欄の右の方に「そのまま獲得」と「広告を見て2倍獲得」というボタンがあります。

「広告を見て2倍獲得」の方をタップすると、数十秒の広告動画が流れます。
広告を見終わると、カプセルの中に入っていたジェムを獲得することが出来ます。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ6

各ステップに到達するたびにカプセルをゲットして、広告を見てジェムをゲットする、を繰り返します。

注意しないといけないのは、保有済みカプセルは日付が変わると消失してしまうという点。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ7

忘れないうちにゲージの上に表示されるカプセルをタップし、保有済みカプセル欄に移動させ、広告を見てジェムをゲットしておきましょう。

獲得したジェムを仮想通貨XML(ステラルーメン)と交換するための申請を行う

ステラウォークでは、ひと月で貯めたジェムを、翌月の月初にXML(ステラルーメン)に交換することが出来ます。

ただし、交換の申請にはスケジュールがあり、申請期間を過ぎてしまうとせっかく貯めたジェムが無くなってしまうので注意してください。

ちなみに、申請期間とXML(ステラルーメン)の配布期間はこのようになっています。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ8

月初の3日間のうちに申請することで、その後1週間以内に配布される、という流れです。

早速申請してみましょう。

申請期間内にアプリを立ち上げると、申請期間である旨を知らせてくれる画面が表示されます。

「交換申請画面へ」をタップします。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ9

XLM(ステラルーメン)に対応した仮想通貨ウォレットで、XLM(ステラルーメン)受け取りのためのアドレスとメモを調べて、ここに貼り付けます。

私の場合はコインチェックを利用していますが、アドレス、メモともに案内画面が分かりやすく、簡単にコピー、貼り付けまで出来ました。

「利用規約に同意する」にチェックを入れて、確認ボタンをタップ。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ10

このようなロケットの画面になるので、ロケット自体を上にスワイプして飛ばします。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ11

これで申請完了です。

チュートリアル画面が表示されます。
無事に申請が完了したはずなので、あとはXLM(ステラルーメン)が配布されるのを待つだけです。

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ12

おさらい

【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ13
【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ14
【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ15
【アプリ】ステラウォークでXLM(ステラルーメン)を稼ぐ16

今回初めての申請となりましたが、どの程度のXML(ステラルーメン)が配布されるのかは分かりません。
月の半ばからスタートしたのでジェムの数も多くないですし、参加者の人数によっても配布されるXML(ステラルーメン)の量も変わってくるようです。

とはいえ、毎日行っている「歩く」というシンプルな行動をお金に変えられるのは魅力的で、やらない理由が無いくらいです。

またXML(ステラルーメン)が配布された際にはレポートしたいと思います。

<2月9日追加>
XML(ステラルーメン)の振り込みありました!

Symbolウォレットの作り方(iPhoneアプリインストール後にデスクトップウォレットの作成)

「Symbol Wallet」アプリのインストールとアカウント作成

App Store にて「Symbol Wallet」を検索し、インストールする。

Symbol Wallet を起動させると利用規約画面が表示されるので、最下部にある「I accept ~」の横のチェックボックスにチェックを入れ、「ACCEPT TERMS」ボタンをタップ。

「Create Wallet」ボタンをタップし、次の画面で任意のウォレット名を設定。ウォレット名の入力が終われば「Create」ボタンをタップ。

バックアップの作成画面が表示されます。

「ニーモニック」か「ペーパーウォレット」のいずれかを選択するボタンが表示されるので、「Back up with Mnemonics」の方をタップ。

24個の英単語の羅列が表示されるので、この画面の内容をスクリーンショットや紙などへのメモ(推奨)にて保管する。

「Next」ボタンをタップすると、「ニーモニック」の確認が入るので、先ほど保管した英単語を、順番を間違わないようにタップしていく。

順番を間違わずに最後まで選択し終えると「Success, Proceed.」と表示されるので、下にある「Finish」ボタンをタップします。

次にパスコードの設定。

任意の4桁の数字を設定します。
一度入力をすると、確認のため再度入力画面が表示されます。

以上でアプリの設定は完了です。

パソコン版のデスクトップウォレットをインストールする

こちらのページより、インストーラーをダウンロードします。

インストールが完了し、起動した画面に並んでいるボタンのうち「Import mnemonic」をクリック。

「Chose a profile name and password」画面が表示されるので、それぞれの項目を入力します。

Profile nameと、Passwordを入力します。
Network Typeは、「Symbol Mainnet」のままでOK。
Hint はパスワードを忘れた際のヒントなので、入力は任意です。
Nextをクリック。

「Enter a mnemonic passphrase」画面が表示されるので、先ほどアプリをインストールする際に保管したMnemonic Passphraseを入力します。
キーボードで1単語ずつ入力していき、一つの単語を入力し終えるごとにスペースキーを押せば次の単語の入力へと進めます。

アドレスを選択する画面に移動します。

オプトイン時のアカウントともう1つ、任意のアドレスを選択します。

一番上のアカウント(Opt In)と表示されているAddressを選択し、もう1つは好きなAddressを選択します。
アドレス部分をクリックすると、自動的に画面の左側に追加されます。

利用規約 & プライバシーポリシーを確認して「同意します」にチェックを入れ、完了するとウォレット画面が起動します。

【副業】車いじりのネタをブログ記事にしてお小遣いを稼ぐ

自身の経験・知識をお金に変える

このページをご覧の方は、洗車が好き、ちょっとくらいの傷なら自分で直してしまう、といった具合に車いじりが好きな方だと思います。

自身の愛車を写真に撮り、自身のSNSで紹介されている方もいることでしょう。
そして、周りの人から「いいね」をもらう。
それだけでも心が満たされる方も多いと思いますが、そういった自分の経験談を紹介することで多少なりとも収入を得られたら良いと思いませんか?
これは何も胡散臭い話をご紹介したいわけではなく、すでに副業として多くの方が実践している内容です。

これから紹介する内容は、次のような方に特にオススメです。

  • 車が好きな方。
  • 自身のSNSアカウントを持ち、日頃から情報発信を行っている人。
  • 写真を撮影するのが好きな人。
  • コツコツと作業を継続するのが好きな人。

さて、では実際のその方法とは、自身のブログを開設し、ブログ記事を書くことで収入を得るという事です。
厳密には、ブログ記事を書くだけでは収入が発生するわけではありません。
車の傷を修理していく様子や洗車の様子などを、順を追ってブログ記事で解説していき、使用した商品のアフィリエイト※リンクを貼っておくことで、報酬を得るという流れを作るのです。

※アフィリエイトとは

あなたのブログ記事を訪れたユーザーが、そのアフィリエイトリンクをクリックし商品の購入が発生すれば、あなたに報酬が発生する、というインターネット広告の仕組みの一つです。

SNSとブログの違い

SNSの代表格であるインスタグラムを例に挙げると、投稿した際の瞬間的なアクセスは多く集まりますが、その勢いが続くことはありません。
あなたが余程のインフルエンサーでない限り、投稿から時間が経つと、あっという間にその投稿へのアクセスがほぼ無くなってしまいます。
そのため、一度の投稿に対する「賞味期限」が非常に短いと言えます。

一方でブログはと言うと、投稿直後からアクセスが集まることは基本的にはありません。(ここにSNSを活用する方法もあります。)
しかし、時間の経過と共にグーグルなどのサーチエンジンにその記事が認識され、サーチエンジンの検索結果に表示されるようになると、その記事に関連するキーワードで検索をしたユーザーの継続的な流入が見込めます。

それではインスタグラムのハッシュタグも同じようなものではないか、と思われるかもしれません。

ブログが強いのは、そこにアフィリエイトリンクを設置しておけるということ。
あなたの記事に興味を持ち辿り着いたユーザーが、アフィリエイトリンク経由で商品を購入する。
ひとたびブログ記事を作成すれば、不眠不休の営業マンを一人雇ったことと同じで、あなたが例え寝ている間や遊びに出掛けている時でも、そのブログ記事はあなたに代わって、訪れたユーザーに商品の魅力を伝え、購入へと誘導してくれます。
そんなブログ記事が1つや2つではなく、何十記事、何百記事とあったらどうでしょうか?

これからあなたがカー用品を購入するたびに、そのレビューをブログ記事にすることで、自然と記事数は増えていきます。
つまり、自身の経験をお金に変えていくことが可能だということです。ブログはどのように始めるのか?

では、ブログはどのように始めれば良いのでしょうか。

あまり知識のない方だと、メディアなどでよく耳にする「アメブロ」や「はてなブログ」などといった無料のブログサービスの利用を思い浮かべるかもしれません。
ですが、結論から言うとそれらを利用することはオススメしません。
何故なら、せっかく記事を蓄積していっても、将来的にそのブログサービスが終了を迎えると、記事は削除され全て台無しになってしまうからです。
またブログサービスによってはアフィリエイトを禁止しているものもあったりと、自由度が低く思い通りの運用が出来ないものもあります。

これから自身で書いていくブログ記事は、あなたの「資産」であるということを覚えておいてください。

そのため、せっかく積み上げていく資産を無駄にしないためにもオススメするのが、自身のオリジナルのブログを立ち上げる、ということです。
自分のオリジナルブログを作成するには、次の準備が必要になってきます。

  • ドメイン(〇〇〇.comなど、ブログのURLとなるもの)
  • レンタルサーバー(ブログのデータを保存するための場所)
  • WordPress(ワードプレス:無料のブログ作成ソフト。サーバーにインストールして利用します。)

馴染みが無いと「難しそう!」と構えてしまうかもしれませんが、適切なサービスを利用すればこれらの手続きは本当に簡単で、最初の設定さえ済んでしまえばあとは記事を量産していくだけです。

おすすめのレンタルサーバー

オリジナルブログを作成するためのレンタルサーバーとしてオススメなのが、下記の「エックスサーバー」。

国内シェアナンバー1のレンタルサーバーで、オリジナルブログの開設もスムーズです。
サーバー自体の性能面が良いのはもとより、サポート体制も充実しているため、運用面で不明なことがあれば電話、メールで質問できるのも初心者にとっては嬉しいポイントです。
サーバーのレンタル料金は、最も安価な「スタンダードプラン」だと月1,000円程度。初心者ならこのプランで十分です。
また、エックスサーバーを契約すると、ドメインが一つ無料でもらえます。通常であれば年間1,500円~3,000円程度掛かるドメインが無料で取得、保有が出来るのはありがたいです。

先に少し触れたように、オリジナルのブログ作成に必要なのは「Wordpress(ワードプレス)」という無料ソフト。
サーバーにインストールして使用するのですが、その作業も管理画面からおよそ10分程度で完了し、すぐにブログ作成に取り掛かれます。
エックスサーバー内に非常に分かりやすくて丁寧なマニュアルページがありますので、それを見ながら順に作業を進めていくだけです。

また、世の中には数多くのレンタルサーバーサービスが存在していますが、コスパに最も優れているのはこの「エックスサーバー」だと感じています。

なお、無料のレンタルサーバー等もありますが、アフィリエイトが禁止だったり、ドメインの部分でオリジナリティが損なわれるなど、思う運用が出来ませんので検討の対象外となります。

まずはやってみる

あなたが現在の生活のなかで、月1,000円程度の捻出が難しい場合にはこの方法はオススメしません。
「その程度の出費なら始めてみようかな」と思える方であれば、このお金を投資だと考え、いま既にやっていること(インスタなどのSNSへの投稿)を、どうせなら収益化出来る方向にシフトチェンジしてはいかがでしょうか。
将来に備えて副業の必要性が増しているなか、その大きな一歩を今踏み出しましょう!

【副業】自宅のリフォームやリノベーションのネタをブログ記事にしてお小遣いを稼ぐ

自身の経験・知識をお金に変える

このページをご覧の方は、自宅のリフォームやリノベーションを検討されている、もしくは部屋の模様替えなどが好きな方だと思います。

自宅の様子や購入したインテリア用品を写真に撮り、自身のSNSで紹介されている方もいることでしょう。
自分のお気に入りの家具や、自宅のリノベーションが進んでいく様子をSNSに投稿して、周りの人から「いいね」をもらう。
それだけでも心が満たされる方も多いと思いますが、そういった自分の経験談を紹介することで多少なりとも収入を得られたら良いと思いませんか?
これは何も胡散臭い話をご紹介したいわけではなく、すでに副業として多くの方が実践している内容です。

これから紹介する内容は、次のような方に特にオススメです。

  • インテリア用品が好きな方。
  • 自身のSNSアカウントを持ち、日頃から情報発信を行っている人。
  • 写真を撮影するのが好きな人。
  • コツコツと作業を継続するのが好きな人。

さて、では実際のその方法とは、自身のブログを開設し、ブログ記事を書くことで収入を得るという事です。
厳密には、ブログ記事を書くだけでは収入が発生するわけではありません。
自身が実際に購入した家具やインテリア小物などのレビュー記事などを書き、そこにアフィリエイト※リンクを貼っておき、報酬を得るという流れを作るのです。
もしくは自宅のリフォームの様子を時系列で紹介し、同時に記事の中でリフォーム業者を紹介して報酬を得る、という方法などもあります。

※アフィリエイトとは

あなたのブログ記事を訪れたユーザーが、そのアフィリエイトリンクをクリックし商品の購入が発生すれば、あなたに報酬が発生する、というインターネット広告の仕組みの一つです。

SNSとブログの違い

SNSの代表格であるインスタグラムを例に挙げると、投稿した際の瞬間的なアクセスは多く集まりますが、その勢いが続くことはありません。
あなたが余程のインフルエンサーでない限り、投稿から時間が経つと、あっという間にその投稿へのアクセスがほぼ無くなってしまいます。
そのため、一度の投稿に対する「賞味期限」が非常に短いと言えます。

一方でブログはと言うと、投稿直後からアクセスが集まることは基本的にはありません。(ここにSNSを活用する方法もあります。)
しかし、時間の経過と共にグーグルなどのサーチエンジンにその記事が認識され、サーチエンジンの検索結果に表示されるようになると、その記事に関連するキーワードで検索をしたユーザーの継続的な流入が見込めます。

それではインスタグラムのハッシュタグも同じようなものではないか、と思われるかもしれません。

ブログが強いのは、そこにアフィリエイトリンクを設置しておけるということ。
あなたの記事に興味を持ち辿り着いたユーザーが、アフィリエイトリンク経由で商品を購入する。
ひとたびブログ記事を作成すれば、不眠不休の営業マンを一人雇ったことと同じで、あなたが例え寝ている間や遊びに出掛けている時でも、そのブログ記事はあなたに代わって、訪れたユーザーに商品の魅力を伝え、購入へと誘導してくれます。
そんなブログ記事が1つや2つではなく、何十記事、何百記事とあったらどうでしょうか?
これからあなたがインテリアグッズや家具を購入するたびに、そのレビューをブログ記事にすることで、自然と記事数は増えていきます。
リフォームが進んでいく様子を日々日記として書いてくのも、自然と記事を増やせる方法です。
つまり、自身の経験をお金に変えていくことが可能だということです。

ブログはどのように始めるのか?

では、ブログはどのように始めれば良いのでしょうか。

あまり知識のない方だと、メディアなどでよく耳にする「アメブロ」や「はてなブログ」などといった無料のブログサービスの利用を思い浮かべるかもしれません。
ですが、結論から言うとそれらを利用することはオススメしません。
何故なら、せっかく記事を蓄積していっても、将来的にそのブログサービスが終了を迎えると、記事は削除され全て台無しになってしまうからです。
またブログサービスによってはアフィリエイトを禁止しているものもあったりと、自由度が低く思い通りの運用が出来ないものもあります。

これから自身で書いていくブログ記事は、あなたの「資産」であるということを覚えておいてください。

そのため、せっかく積み上げていく資産を無駄にしないためにもオススメするのが、自身のオリジナルのブログを立ち上げる、ということです。
自分のオリジナルブログを作成するには、次の準備が必要になってきます。

  • ドメイン(〇〇〇.comなど、ブログのURLとなるもの)
  • レンタルサーバー(ブログのデータを保存するための場所)
  • WordPress(ワードプレス:無料のブログ作成ソフト。サーバーにインストールして利用します。)

馴染みが無いと「難しそう!」と構えてしまうかもしれませんが、適切なサービスを利用すればこれらの手続きは本当に簡単で、最初の設定さえ済んでしまえばあとは記事を量産していくだけです。

おすすめのレンタルサーバー

オリジナルブログを作成するためのレンタルサーバーとしてオススメなのが、下記の「エックスサーバー」。

国内シェアナンバー1のレンタルサーバーで、オリジナルブログの開設もスムーズです。
サーバー自体の性能面が良いのはもとより、サポート体制も充実しているため、運用面で不明なことがあれば電話、メールで質問できるのも初心者にとっては嬉しいポイントです。
サーバーのレンタル料金は、最も安価な「スタンダードプラン」だと月1,000円程度。初心者ならこのプランで十分です。
また、エックスサーバーを契約すると、ドメインが一つ無料でもらえます。通常であれば年間1,500円~3,000円程度掛かるドメインが無料で取得、保有が出来るのはありがたいです。

先に少し触れたように、オリジナルのブログ作成に必要なのは「Wordpress(ワードプレス)」という無料ソフト。
サーバーにインストールして使用するのですが、その作業も管理画面からおよそ10分程度で完了し、すぐにブログ作成に取り掛かれます。
エックスサーバー内に非常に分かりやすくて丁寧なマニュアルページがありますので、それを見ながら順に作業を進めていくだけです。

また、世の中には数多くのレンタルサーバーサービスが存在していますが、コスパに最も優れているのはこの「エックスサーバー」だと感じています。

なお、無料のレンタルサーバー等もありますが、アフィリエイトが禁止だったり、ドメインの部分でオリジナリティが損なわれるなど、思う運用が出来ませんので検討の対象外となります。

まずはやってみる

あなたが現在の生活のなかで、月1,000円程度の捻出が難しい場合にはこの方法はオススメしません。
「その程度の出費なら始めてみようかな」と思える方であれば、このお金を投資だと考え、いま既にやっていること(インスタなどのSNSへの投稿)を、どうせなら収益化出来る方向にシフトチェンジしてはいかがでしょうか。
将来に備えて副業の必要性が増しているなか、その大きな一歩を今踏み出しましょう!

【副業】自分の趣味であるキャンプのネタをブログ記事にしてお小遣いを稼ぐ

自身の経験・知識をお金に変える

このページをご覧の方は、キャンプが趣味、もしくはこれからキャンプを始めようと思われている方だと思います。

キャンプに行った際にはその様子を写真に撮り、自身のSNSで紹介されている方もいることでしょう。
自分の趣味の様子をSNSに投稿して、周りの人から「いいね」をもらう。
それだけでも心が満たされる方も多いと思いますが、そういった自分の経験談を紹介することで多少なりとも収入を得られたら良いと思いませんか?
これは何も胡散臭い話などではなく、すでに副業として多くの方が実践している手法になります。

これから紹介する内容は、次のような方に特にオススメです。

  • キャンプが趣味、またはこれから始めようと思っている人。
  • 自身のSNSアカウントを持ち、日頃から情報発信を行っている人。
  • 写真を撮影するのが好きな人。
  • コツコツと作業を継続するのが好きな人。

さて、では実際のその方法とは。

それは、自身のブログを開設し、ブログ記事を書くことで収入を得るという事です。
厳密には、ブログ記事を書くだけでは収入は発生しません。
自身が実際に使用したキャンプ道具のレビュー記事などを書き、そこにアフィリエイト※リンクを貼っておき、報酬を得るという流れを作るのです。

※アフィリエイトとは

あなたのブログ記事を訪れたユーザーが、そのアフィリエイトリンクをクリックし商品の購入が発生すれば、あなたに報酬が発生する、というインターネット広告の仕組みの一つです。

SNSとブログの違い

SNSの代表格であるインスタグラムを例に挙げると、投稿した際の瞬間的なアクセスは多く集まりますが、その勢いが続くことはありません。
あなたが余程のインフルエンサーでない限り、投稿から時間が経つと、あっという間にその投稿へのアクセスがほぼ無くなってしまいます。
そのため、一度の投稿に対する「賞味期限」が非常に短いと言えます。

一方でブログはと言うと、投稿直後からアクセスが集まることは基本的にはありません。(ここにSNSを活用する方法もあります。)
しかし、時間の経過と共にグーグルなどのサーチエンジンにその記事が認識され、サーチエンジンの検索結果に表示されるようになると、その記事に関連するキーワードで検索をしたユーザーの継続的な流入が見込めます。

それではインスタグラムのハッシュタグも同じようなものではないか、と思われるかもしれません。

ブログが強いのは、そこにアフィリエイトリンクを設置しておけるということ。
あなたの記事に興味を持ち辿り着いたユーザーが、アフィリエイトリンク経由で商品を購入する。
ひとたびブログ記事を作成すれば、不眠不休の営業マンを一人雇ったことと同じで、あなたが例え寝ている間や遊びに出掛けている時でも、そのブログ記事はあなたに代わって、訪れたユーザーに商品の魅力を伝え、購入へと誘導してくれます。
そんなブログ記事が1つや2つではなく、何十記事、何百記事とあったらどうでしょうか?
これからあなたがキャンプに行くたびに、キャンプ場のレビューや、使用したキャンプ道具についての経験談をブログ記事にすることで、自然と記事数は増えていきます。
つまり、自身の経験をお金に変えていくことが可能だということです。

ブログはどのように始めるのか?

では、ブログはどのように始めれば良いのでしょうか。

あまり知識のない方だと、メディアなどでよく耳にする「アメブロ」や「はてなブログ」などといった無料のブログサービスの利用を思い浮かべるかもしれません。
ですが、結論から言うとそれらを利用することはオススメしません。
何故なら、せっかく記事を蓄積していっても、将来的にそのブログサービスが終了を迎えると、記事は削除され全て台無しになってしまうからです。
またブログサービスによってはアフィリエイトを禁止しているものもあったりと、自由度が低く思い通りの運用が出来ないものもあります。

これから自身で書いていくブログ記事は、あなたの「資産」であるということを覚えておいてください。

そのため、せっかく積み上げていく資産を無駄にしないためにもオススメするのが、自身のオリジナルのブログを立ち上げる、ということです。
自分のオリジナルブログを作成するには、次の準備が必要になってきます。

  • ドメイン(〇〇〇.comなど、ブログのURLとなるもの)
  • レンタルサーバー(ブログのデータを保存するための場所)
  • WordPress(ワードプレス:無料のブログ作成ソフト。サーバーにインストールして利用します。)

馴染みが無いと「難しそうだ!」と構えてしまうかもしれませんが、適切なサービスを利用すればこれらの手続きは本当に簡単で、最初の設定さえ済んでしまえばあとは記事を量産していくだけです。

おすすめのレンタルサーバー

オリジナルブログを作成するためのレンタルサーバーとしてオススメなのが、下記の「エックスサーバー」。

国内シェアナンバー1のレンタルサーバーで、オリジナルブログの開設もスムーズです。
サーバー自体の性能面が良いのはもとより、サポート体制も充実しているため、運用面で不明なことがあれば電話、メールで質問できるのも初心者にとっては嬉しいポイントです。
サーバーのレンタル料金は、最も安価な「スタンダードプラン」だと月1,000円程度。初心者ならこのプランで十分です。
また、エックスサーバーを契約すると、ドメインが一つ無料でもらえます。通常であれば年間1,500円~3,000円程度掛かるドメインが無料で取得、保有が出来るのはありがたいです。

先に少し触れたように、オリジナルのブログ作成に必要なのは「Wordpress(ワードプレス)」という無料ソフト。
サーバーにインストールして使用するのですが、その作業も管理画面からおよそ10分程度で完了し、すぐにブログ作成に取り掛かれます。
エックスサーバー内に非常に分かりやすくて丁寧なマニュアルページがありますので、それを見ながら順に作業を進めていくだけです。

また、世の中には数多くのレンタルサーバーサービスが存在していますが、コスパに最も優れているのはこの「エックスサーバー」だと感じています。

なお、無料のレンタルサーバー等もありますが、アフィリエイトが禁止だったり、ドメインの部分でオリジナリティが損なわれるなど、思う運用が出来ませんので検討の対象外となります。

まずはやってみる

あなたが現在の生活のなかで、月1,000円程度の捻出が難しい場合にはこの方法はオススメしません。
「その程度の出費なら始めてみようかな」と思える方であれば、このお金を投資だと考え、いま既にやっていること(インスタなどのSNSへの投稿)を、どうせなら収益化出来る方向にシフトチェンジしてはいかがでしょうか。
将来に備えて副業の必要性が増しているなか、その大きな一歩を今踏み出しましょう!

【つみたてNISAの金融機関変更】レオスキャピタルワークス(ひふみ投信)からSBI証券に変更した話

2017年に放送されたテレビ番組「カンブリア宮殿」でのレオスキャピタルワークスの特集に感化され、投資信託のことなど右も左もよく分からないままスタートした私の資産運用生活。

とりあえずやってみようと始めましたが、丸4年が経過し、預けていた資産は128%となりました。

運用は証券会社にお任せとなるため自身でやることは何もなかったのですが、投資信託で資産が増えるというイメージが掴めた私は、次のステップに移ることを決意。

それは、つみたてNISA口座を他の金融機関に変更すること。

実行に移すにあたり様々な疑問が沸いてきたので、その都度問い合わせを行い解決していきました。

同じ考えをお持ちの方に向け、手順や注意点などを紹介したいと思います。

NISA口座を他の金融機関に変更する理由

カンブリア宮殿でのレオスキャピタルワークスの放送内容の影響を受け、投資信託をやってみたいと言うよりは「ひふみ投信」を買いたいと思い投資を始めたため、何も疑問を感じることなく、その販売元であるレオスキャピタルワークスでNISA口座を開設しました。

カンブリア宮殿のアーカイブページに当時の放送内容の情報が残っていました。
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0216/

確かに「ひふみ投信」はレオスキャピタルワークスでしか販売されていない投資信託なのですが、実は他の証券会社ではレオスキャピタルワークスの「ひふみプラス」という商品名の投資信託が購入でき、その内容は「ひふみ投信」と全く同じなんですね。
自社専売の商品と、他社で販売する商品とは分けておかないといけないという決まりがあるんでしょうか。

そして、自身でも投資信託のことを色々と調べているうちに、良い運用実績を残している投資信託は何も「ひふみ投信」だけではないことを知りました。

非課税の恩恵を受けるNISAを利用することを前提としたならば、レオスキャピタルワークスでNISA口座を持っている限り、購入出来る投資信託はレオスキャピタルワークスが販売している商品に限られます。

そのため、他に購入したい投資信託がある場合には、それを扱う証券会社にNISA口座を持つ必要があります。

NISA口座を他の金融機関に変更する手順

「金融商品取引業者等変更届出書」の提出

まず、現在NISA口座を持っているレオスキャピタルワークスに対して「金融商品取引業者等変更届出書」を請求します。

ホームページからダウンロードなどが出来るのかと思っていたのですが、そこは意外とアナログな方法で、電話によりその書類を請求し、郵送で返送するという流れでした。

「勘定廃止通知書」を変更先の金融機関に提出する

「金融商品取引業者等変更届出書」をレオスキャピタルワークスに返送後、今度はレオスキャピタルワークスから「勘定廃止通知書」という書類が送られてきます。

この「勘定廃止通知書」を、変更先の金融機関でのNISA口座開設の際に提出します。

なお、上記のステップは、新しい金融機関でNISA口座を開設しようとする年の前年の10月1日からその年の9月30日までの間に行う必要があります。

つまり、2022年から新しい金融機関でNISA口座を持ちたい場合には、2021年10月1日から2022年の9月30日の間に、この一連のステップを済ませないといけません。(期間は金融機関によって異なるようです。)

NISA口座の金融機関変更に関するルールに注意

その年に現在の金融機関で1度でもNISA口座で買い付けを行った場合には、その年には他の金融機関にNISA口座を変更することが出来なくなります。

例えば今回の私のケースで言うと、2022年からNISA口座を他の金融機関で運用したいので、2022年1月以降はレオスキャピタルワークスでの「ひふみ投信」の買い付けをストップしないといけません。

私はつみたてNISAで毎月定額を買い付けていたため、2021年12月の引き落としを最後に、自身で引き落とし停止の手続きを行わないといけないのかと思っていました。

この点について問い合わせてみると、金融商品取引業者変更届を提出した場合には、2022年以降は引落しないようにレオスキャピタルワークス側で対応してくれるとのことでした。(ただし、金融商品取引業者変更届は12月16日までに返送する必要があるようです。)

金融機関変更後、元のNISA口座やそこに預けているお金はどうなる?

これまでコツコツと積み立ててきたレオスキャピタルワークスの「ひふみ投信」は、新たに追加の買い付けは出来なくなりますが、NISA口座の金融機関変更後もそのまま運用は継続され、「つみたてNISA」のルールである20年間の非課税期間が適用されます。

つまり、NISA口座の金融機関を変更するからといって、元の金融機関に預けているものが強制的に解約になったり、自身で解約して全額を引き出さないといけないといったことはありません。追加の買い付けが出来なくなるだけで、NISA口座としては残るわけです。

ちなみに、「つみたてNISA」の20年間のカウントですが、最後に買い付けを行った年からの計算となるため、私の場合は2041年までが非課税期間となります。(2041年のうちにレオスキャピタルワークスでの運用を解約し、全額引き出せば非課税にて受け取ることが可能。)

変更先としておすすめの証券会社

今回私がNISA口座を新しく開設したのは「SBI証券」です。
選んだ理由としては、ネット証券最大手で取扱商品やサービスの豊富さも業界トップクラス。自身が購入したい投信の取り扱いがあり、「みんかぶ」のランキングでもトップを取るなど、安心感が大きかったのが決め手です。

ちなみに、SBI証券ではコールセンターが18時までの営業ですが、下記の株式会社ネクシィーズ・トレードを通してSBI証券の口座を開設すると、特典として会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)や、受付時間も19:30までといった恩恵が受けられます。口座開設や運用に関する不安や質問がある方にはありがたい特典ですね。