料理

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)を購入してからというもの、基本的にはパンの生地をこねるのが主な使い道となっていました。

このたび、セットになっていた「フードグラインダー」を使用して鶏肉のミンチを作ったので、その様子を紹介します。

まずは正面のロゴキャップを外して、フードグラインダーをセットします。

フードグラインダーのパーツ構成はこのような内容です。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダー

フードグラインダーを組み立てて、スタンドミキサー本体にセットします。

下記の写真にあるシルバーの丸いロゴキャップが外れるようになっているので、外してフードグラインダーを取り付けます。

↓フードグラインダーをセットした様子を横から見たところ。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり1

まずは、フードグラインダーの上部から入る程度のサイズになるよう、鶏肉を小さくカットします。

小さくカット出来たらフードグラインダーの上部から鶏肉を投入します。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり2

スタンドミキサーをスタートさせ、付属のスティックを使用して鶏肉を押し込みます。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり3

鶏肉がミンチ状になって出てきます。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり4

簡単に鶏肉をミンチにすることが出来ました!

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)のフードグラインダーで鶏肉のミンチづくり5

鶏肉が安い時に買ってきてミンチにすれば家計が助かります。

キッチンエイドのフードプロセッサーはアタッチメントの種類も豊富なので、料理の幅が広がりますね。

ストウブ ラ ココット デ ゴハン(staub La Cocotte de GOHAN)Mサイズで3合のご飯を炊く

所有している炊飯器でのご飯の炊きあがりがあまり美味しく感じられなくなり、炊飯器の買い替えを検討していましたが、「ストウブでご飯が炊ける」ということを知り、今回の購入に至りました。

購入したのは『ストウブ ラ ココット デ ゴハン』ブラックのMサイズ。
Mサイズは2合炊きが基本ですが、3合までのご飯なら炊くことが可能です。

スイッチ一つでご飯が炊ける電気炊飯器と違い、火加減や火に掛けておく時間を自分で確認、調整しないといけない対応が必要ですが、その分炊きあがりのご飯が美味しく、その味にハマってしまいました。
このページでは『ストウブ ラ ココット デ ゴハン』Mサイズを使って美味しくご飯を炊く方法をご紹介します。

1.お米を洗う

必要なお米をボウルに取り、水で洗います。
この際、お米の計り間違いが無いようにキッチリと必要な合数を取りましょう。

洗い終えたら一旦ザルに移してお米の水を切ったのちに、『ストウブ ラ ココット デ ゴハン』にお米を入れます。
炊く際に使用する水分量に誤差が出てしまうので、しっかりと水は切っておきましょう。(ザルに移しただけでは、お米が集まっている内部に意外と水が溜まっています。)

2.お米にじゅうぶん水を吸わせる

1合につき200ccの水を入れます。
今回の例では3合炊くので、水は600cc使用しています。

フタをしてそのまま20分放置します。
この時まだコンロの火は使用しません。
ただただお米に水を吸わせるための時間です。

3.フタを外して沸騰させる

水に浸しておく時間が終われば、フタを外してコンロの火を付けます。

ちなみに、フタの内側には下の写真のように独特の突起があります。
これは「システラ」という名称で、鍋の中に発生したお米のうまみをたっぷり含んだ蒸気を、水滴にしてまた鍋の中に落とすという役割を果たすもの。
これにより、お米のうまみを閉じ込め、ふっくらとした炊き上がりになるようです。

こちらのメーカーページに詳しい解説があります。

ちなみに、沸騰させる際の火加減はこのくらい。
鍋の底面と同じくらいか、少しはみ出すほどの強火で加熱します。

4.沸騰したらかき混ぜる

沸騰したらコンロの火はそのままに、しゃもじで鍋の側面、底面にあるお米をしっかりとかき混ぜます。
お米をかき混ぜ終わっても沸騰が続く状態を確認してから、次の工程に進みます。

5.フタをして最弱火で10分

しっかりとお米をかき混ぜたらフタを閉めて、コンロの火は一番弱くします。

少し見づらいですが、火力はこの程度。火力のレバーを一番弱い側いっぱいまで動かした状態です。

この状態で10分間コトコトと炊きます。
コンロにタイマー機能がある方はそれを使用しましょう。時間がきたら勝手に火が消えてくれるので便利です。
タイマー機能が無い方はキッチンタイマーなどで10分間を計測してください。

6.火を止めて10分間の蒸らし時間

コンロの火を止めて、そのまま10分間放置します。

7.完成!

鍋敷きを準備して、食卓でフタをオープン!

ふっくらツヤツヤの炊きあがりです。

我が家では炊飯器を使用した場合よりも間違いなく美味しく炊きあがるため、お米の消費量が増えました。。

手順のまとめ

  1. お米を洗い、ザルに移して水気をじゅうぶんに切る
  2. 『ストウブ ラ ココット デ ゴハン』にお米と必要な水(1合につき200cc)を入れ、フタをして20分放置する
  3. フタを外して強火で沸騰させる
  4. 火力はそのままに、鍋の側面、底面のお米をよくかき混ぜる
  5. フタをして最弱火で10分炊く(タイマーセットで正確に)
  6. 火を止めて、フタは閉めたまま10分放置(蒸らし時間)
  7. 完成!

備考

ちなみに、朝に『ストウブ ラ ココット デ ゴハン』で炊きたてのお米を食べたい場合、前日のうちから上記のステップ「2.お米に充分水を吸わせる」という工程までを済ませておくと良いですよ。
お米を水に浸したままフタをして朝まで置いておくのです。
そうすれば、朝起きて火に掛けるところから作業をスタート出来るので、およそ30分以内に炊き立てのご飯を食べ始めることが可能になります。
これなら炊飯器の「早炊きモード」と同じくらいの時間ですね。
洗米から始めるとプラス25分ほど掛かるので、食べ始めるまでにおよそ1時間必要になります。

カラーバリエーションも豊富なので、キッチン周りのインテリアやテーブルに置いた時の雰囲気の好みで選ぶのも楽しいですね。
コロナ禍で需要が高まっている商品の一つのため、人気のカラーは品切れになっていることも。即決が吉です。

【キャンプ飯】ダイソーメスティンでチーズの燻製作り

ダイソーで販売されているメスティンと、メスティン専用網を使って燻製作りをやってみたいと思います。

まずはメスティンの底にウッドチップを敷き詰めます。
ウッドチップは桜で、これも同じくダイソーで購入しました。

その上からメスティン専用網をセット。

そして、チーズを置きます。
6Pチーズのサイズだと、置ける個数は3個が限界ですね。

そして、固形燃料に着火。

このあと、固形燃料が燃え尽きるまで放置すると…

チーズの燻製の出来上がり!

ウッドチップが良い具合に燻される感覚が難しく、途中、何度もフタを開けながら煙が出ているかを確認しました。

後から調べた情報では、煙の香りがメスティンにしみついてしまうので、アルミホイルなどを一旦敷いて、その上にチップを敷き詰め、直接メスティンに当たらないようにするのが良いみたいですね。

甘い桜の香りを感じるチーズは初めての体験でしたが、とても美味しかったです。

次回はアルミホイルを敷いて再度チャレンジしたいと思います。

【ワンプレートキャンプ飯】マルチグリドルパンで鶏肉と野菜を炒めるだけでごちそうになる

先日のキャンプでの晩ご飯を紹介します。

前回のキャンプでも使用した、ユニフレームのネイチャーストーブラージとマルチグリドルパンの組み合わせで調理。

マルチグリドルパンで鶏肉を炒める

ネイチャーストーブラージに薪をくべて、火をおこします。
そして強火になったところでマルチグリドルパンに油を敷いて、鶏肉を投入!

マルチグリドルパンで鶏肉を炒めているところ

別アングルから。
すでに美味しそうです。

マルチグリドルパンで鶏肉を炒めているところ

鶏肉の油を利用して野菜を炒める

マルチグリドルパンは中央に向かって窪んでいるため、油が中心にたまってきます。
鶏肉を炒めた後には香ばしい鶏油がたまっていたので、この油を利用して野菜を炒めます。

まずはししとうを大量投入。

マルチグリドルパンでししとうを炒めているところ

続いて、しめじを炒めます。
味付けはどれもシンプルに塩コショウのみ。

マルチグリドルパンでしめじを炒めているところ

器に盛り付けて完成

あらかじめメスティンで炊いておいたお米とともに、お皿に盛り付けます。

ダイソーメスティンで炊飯中

完成!

マルチグリドルパンで痛めた鶏肉と野菜のワンプレートキャンプ飯

シンプルな塩コショウのみの味付けですが、香ばしい鶏油が絡まって食欲をそそります。
作るのも簡単で、ご飯にも合う最高のおかず。ぜひお試しください。


フォーシーズン マルチグリドルパンをネイチャーストーブ ラージで使用。美味しいキャンプ飯が簡単に出来上がりました。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージを使って焼肉、チャーハン、ピザに挑戦

ユニフレーム ネイチャーストーブラージを使って焼肉、チャーハン、ピザに挑戦

先日購入したユニフレームのネイチャーストーブラージ

ユニフレーム ネイチャーストーブラージ

実際にキャンプで何度か使用してみたので、その感想を紹介します。

燃焼効率の良さ

まずは、その売りの一つである燃焼効率の良さ。

燃料はキャンプ場周辺で拾うことの出来る枯れ枝や落ち葉でOK。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージに枯れ枝や枯れ葉を入れたところ

枯れ葉にチャッカマンなどで火を付けてもよし、ティッシュペーパーを中に入れてそれに火を付けるもよし。
いずれにしても、着火後しばらくすればすぐに火が立ち上がります。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージに火を付けたところ

これだけ簡単に火が起こせる理由は、底面がメッシュになっているから。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージの底面のメッシュ

ちなみに、購入当時はキレイなステンレスのシルバーですが、一度使うとこのように真っ黒に焦げて、独特の色味に変化します。(酸化したということかな?)

薪や枯れ枝など、入れすぎると物凄い火になるので、様子を見ながら追加で投入するようにしてください。

とにかく強い火力が得られるため、上部の五徳にこのようなフライパンを乗せて調理することも可能です。

冷凍チャーハンもあっという間に食べられる状態に。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージで冷凍チャーハンを炒める

お肉もあっという間に焼きあがります。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージで焼き肉

そして、ネイチャーストーブラージの下の隙間を利用してピザを焼くことなんかも!

ユニフレーム ネイチャーストーブラージでピザを焼く

収納サイズがコンパクト

ちなみに、パーツは天面の五徳、正面の窓付きの壁、横と後ろの壁、足つきの底面のメッシュの4つで構成されています。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージのパーツ数

収納時はこんなにコンパクト。

ユニフレーム ネイチャーストーブラージの収納時のサイズ

まとめ

バーベキューコンロとはすみ分けられるものの、我が家ではこのネイチャーストーブラージを買ってからというもの、キャンプにはバーベキューコンロを持って行かなくなりました。

網を置いて焼肉を焼くには油汚れなどの面で勇気が要りますが、ちょうど良さげなフライパンを購入したので、この点の悩みは解消されました。

夏場よりも冬場の方が暖房器具としても活躍するため、利用の頻度は高まりそうですが、片付けも楽で収納サイズも圧倒的にコンパクトなので、夏場でも我が家はもうこれ一択となりました。

以下、ネイチャーストーブラージのメリットとデメリットを挙げておきます。

メリット

  • 収納サイズがコンパクト
  • 火おこしがあっという間
  • 暖房器具、調理器具として使える

デメリット

  • 火力の調整が難しい
  • 後片付けで手が汚れる(軍手必須)

ちなみに、今回紹介した中で使用しているフライパンはこちら。
少し深さがあるため、焼く、炒めるだけではなく、煮る、揚げるなども出来てしまう万能調理器具。
アルミ製で見た目に反して軽量、汚れもするんと落ちてお手入れも大変楽なフライパンです。


フォーシーズン マルチグリドルパンをネイチャーストーブ ラージで使用。美味しいキャンプ飯が簡単に出来上がりました。

人気のフォーシーズン マルチグリドルパンを購入しました。

左右に取っ手の付いた丸いプレート型のフライパンですが、素材はアルミニウムのため見た目に反して軽量です。

先日購入したユニフレームのネイチャーストーブラージの五徳の上で何か調理がしたかったので、それにうってつけのアイテムでした。

今回はキャンプの際にチャーハンとステーキを焼いてみた様子をご紹介します。

ネイチャーストーブラージで火おこし

まずは、キャンプサイト周辺で拾い集めた枝や枯れ葉を使い、ネイチャーストーブに火を作ります。

そして、五徳の上にこのフォーシーズン マルチグリドルパンをセット。

マルチグリドルパンをネイチャーストーブラージの五徳に乗せたところ

フォーシーズン マルチグリドルパンは2サイズの展開で、取っ手までの大きさが30cmのSサイズ、40cmのLサイズとなっています。

調理してそのまま食卓に置くと想定すると、大皿のような扱いになると考え、私たちはLサイズの方を購入しました。

アルミのため熱伝導が良く、特にネイチャーストーブの火力では少し加熱するとすぐに温まります。

冷凍チャーハンを炒める

軽く油をしいて冷凍チャーハンを投入!
(表面のフッ素コーティングがかなり強力なので、おそらく油は無くても大丈夫だと思います。)

マルチグリドルパンで冷凍チャーハンを炒める

冷凍チャーハン 450g 一袋を丸々投入して、ちょうどいっぱいになるようなサイズ感。乱暴に炒めると外にはみ出してしまいそうです。

ステーキを焼く

チャーハンを炒め終わったら、次はステーキ。

マルチグリドルパンでステーキを焼く

中央が少し窪んだ形状になっているので、油が中央に集まってきます。

この窪んだ形状により、焼く、炒める、だけではなく、煮る、揚げるなども出来てしまう、まさにマルチなフライパンなんですね。
しかも、一般的なフライパンのようなストレートの取っ手が無いため、そのまま食卓に持って行っても絵になります。

あっという間にステーキチャーハンの出来上がり!
今回は一人ごとにプレートに盛り付けました。

お手入れについて

表面はフッ素コーティングが施されているため、キッチンペーパーなどでサッと拭くだけでキレイになります。お手入れが楽なのはキャンプにおいては大変ポイントが高いですね。

「煮る」や「揚げる」が出来る点においては、秋冬のキャンプの際にも活躍してくれそうです。

裏側のスス汚れに注意

今回の私たちのようにネイチャーストーブなどの上で使用する場合、裏側には大量のススが付着します。(実際にやってみてその事実に気づきました。。)
なので、食器洗い用のスポンジで裏側を一緒に洗ってしまうと、そのスポンジが死亡します。専用の物を用意しましょう。
カセットコンロの上で使えばこの問題は解消できます。

雰囲気(大切!)や火力など、目的に応じた加熱方法を選択しましょう。

また、本体の持ち運びに便利な専用の収納ケースも販売されています。
私たちは迷わず収納ケースも一緒に買いました。
本体代2,800円に対して収納ケース1,500円は割高に感じますが、とはいえマルチグリドルパンを裸で持ち運ぶのも色々と難があるので、あった方が良いという結論です。

フォーシーズン マルチグリドルパンと専用ケース

ちなみに、類似商品として「ジェイエイチキュー」というブランドの「マルチグリドル」という商品がありますが、そちらは9,000円越えする商品です。
店の人に問い合わせると、今回購入したマルチグリドルパンとの違いはIH対応かどうかという点だけのようでした。
そこにメリットを感じない方は、価格的にも断然コスパの高い下記のマルチグリドルで良いのではないでしょうか?


【ワンプレートキャンプ飯】マルチグリドルパンで鶏肉と野菜を炒めるだけでごちそうになる

【お菓子作り】キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザンミニでシュークリームづくり

コロナ禍で妻が自宅でパンを作る機会が増えたために購入した『キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)』。

今回は妻がシュークリームを作ってくれるということで、その様子を紹介します。

スタンドミキサーが便利なのは、材料を混ぜる、こねるといった工程の時に手が空けられること。
泡立て器で手で混ぜていると、その作業に掛かりっきりになり手が塞がってしまいますもんね。なので、その間に他の作業が出来るというのが最も大きなメリットかと思います。

レシピはクックパッドで検索して他の方のものを参考にさせていただいたので、ここでは紹介しません。

ざっくりとした手順だけ追っていきますね。

まずは『キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)』で材料を混ぜる。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)でシュークリーム作り。材料を混ぜる工程。
キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)でシュークリーム作り。第一の工程:材料を混ぜる。

『キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)』にはいくつかのアタッチメントが付属しており、これは材料をかき混ぜるためのもの。パン生地をこねたりするためのアタッチメントはまた別であります。

材料を混ぜている間に手は空くのですが、混ぜる動きが楽しくてついつい見入ってしまいます。
手が空いている意味がない。笑

混ぜ終えた生地を焼く準備。

で、良い感じにシュー生地が焼きあがりました!

クリームを入れるため、シュー生地に切り込みを入れます。

で、カスタードクリーム注入!

あっという間に完成!

家族みんなで、おやつにいただきました。
美味しかった~!

『キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)』を購入してからというもの、このミキサーが活躍する機会が増え、パンやお菓子、餃子など、大好きなメニューが頻繁に食べられるようになり、私(夫)としても買ってよかったと思える家電製品でした。笑

購入当時、キッチンに設置した際の様子をこちらの記事で紹介しています。
興味のある方はご覧ください。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)で餅つき

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)で餅つき

コロナ禍で妻が自宅でパンを作る機会が増えたために購入した『キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)』。

これを利用して蒸したもち米を混ぜる(こねる)ことでお餅が出来上がると聞き、さっそく試してみました。

下準備

準備したのはもち米3合。

お餅を作ろう!と思ってすぐに作れるものではありません。
なぜなら、もち米を水に一晩浸しておくという工程が必要だからです。

もち米を蒸す

一晩水に浸したもち米を蒸します。

我が家は鍋の蒸し器しかもっていないので、こちらを使います。
鍋の底にガーゼ生地を敷いて、そこにもち米を広げます。
鍋の中央に蒸気が出る穴があるため、その辺りは少しお米をよけておきます。

キッチンエイドのスタンドミキサーでもち米をこねる

30~40分蒸したのちに、スタンドミキサーにもち米を移します。

徐々にお米の粒感が少なくなっていき、お餅に変わっていきます。

混ぜる時間は、もち米の粒の残り具合を見ながらお好みで。

適当な大きさにちぎって片栗粉をつけて出来上がり!

初めて作った割には上手くいきました。

図に乗って応用編。
もち米をこねるタイミングでエビを混ぜてみる。

キッチンエイドのスタンドミキサー アルチザン ミニ(3.5QT)でエビ餅作り

こちらも良い具合に成功。

キッチンエイドのスタンドミキサーはパンの生地をこねる用に購入したものでしたが、こんな使い方も出来るのだと感動しました。