フォーシーズン マルチグリドルパンをネイチャーストーブ ラージで使用。美味しいキャンプ飯が簡単に出来上がりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のフォーシーズン マルチグリドルパンを購入しました。

左右に取っ手の付いた丸いプレート型のフライパンですが、素材はアルミニウムのため見た目に反して軽量です。

先日購入したユニフレームのネイチャーストーブラージの五徳の上で何か調理がしたかったので、それにうってつけのアイテムでした。

今回はキャンプの際にチャーハンとステーキを焼いてみた様子をご紹介します。

ネイチャーストーブラージで火おこし

まずは、キャンプサイト周辺で拾い集めた枝や枯れ葉を使い、ネイチャーストーブに火を作ります。

そして、五徳の上にこのフォーシーズン マルチグリドルパンをセット。

マルチグリドルパンをネイチャーストーブラージの五徳に乗せたところ

フォーシーズン マルチグリドルパンは2サイズの展開で、取っ手までの大きさが30cmのSサイズ、40cmのLサイズとなっています。

調理してそのまま食卓に置くと想定すると、大皿のような扱いになると考え、私たちはLサイズの方を購入しました。

アルミのため熱伝導が良く、特にネイチャーストーブの火力では少し加熱するとすぐに温まります。

冷凍チャーハンを炒める

軽く油をしいて冷凍チャーハンを投入!
(表面のフッ素コーティングがかなり強力なので、おそらく油は無くても大丈夫だと思います。)

マルチグリドルパンで冷凍チャーハンを炒める

冷凍チャーハン 450g 一袋を丸々投入して、ちょうどいっぱいになるようなサイズ感。乱暴に炒めると外にはみ出してしまいそうです。

ステーキを焼く

チャーハンを炒め終わったら、次はステーキ。

マルチグリドルパンでステーキを焼く

中央が少し窪んだ形状になっているので、油が中央に集まってきます。

この窪んだ形状により、焼く、炒める、だけではなく、煮る、揚げるなども出来てしまう、まさにマルチなフライパンなんですね。
しかも、一般的なフライパンのようなストレートの取っ手が無いため、そのまま食卓に持って行っても絵になります。

あっという間にステーキチャーハンの出来上がり!
今回は一人ごとにプレートに盛り付けました。

お手入れについて

表面はフッ素コーティングが施されているため、キッチンペーパーなどでサッと拭くだけでキレイになります。お手入れが楽なのはキャンプにおいては大変ポイントが高いですね。

「煮る」や「揚げる」が出来る点においては、秋冬のキャンプの際にも活躍してくれそうです。

裏側のスス汚れに注意

今回の私たちのようにネイチャーストーブなどの上で使用する場合、裏側には大量のススが付着します。(実際にやってみてその事実に気づきました。。)
なので、食器洗い用のスポンジで裏側を一緒に洗ってしまうと、そのスポンジが死亡します。専用の物を用意しましょう。
カセットコンロの上で使えばこの問題は解消できます。

雰囲気(大切!)や火力など、目的に応じた加熱方法を選択しましょう。

また、本体の持ち運びに便利な専用の収納ケースも販売されています。
私たちは迷わず収納ケースも一緒に買いました。
本体代2,800円に対して収納ケース1,500円は割高に感じますが、とはいえマルチグリドルパンを裸で持ち運ぶのも色々と難があるので、あった方が良いという結論です。

フォーシーズン マルチグリドルパンと専用ケース

ちなみに、類似商品として「ジェイエイチキュー」というブランドの「マルチグリドル」という商品がありますが、そちらは9,000円越えする商品です。
店の人に問い合わせると、今回購入したマルチグリドルパンとの違いはIH対応かどうかという点だけのようでした。
そこにメリットを感じない方は、価格的にも断然コスパの高い下記のマルチグリドルで良いのではないでしょうか?


【ワンプレートキャンプ飯】マルチグリドルパンで鶏肉と野菜を炒めるだけでごちそうになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.