引き戸のソフトクローズの音が気になる程うるさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パウダールームの扉、クローゼットの扉、寝室の扉、リビングと子供の遊び部屋を仕切りる室内窓、の4か所は引き戸になっています。

このうち、パウダールームの扉と寝室の扉については「ソフトクローズ」が使われています。

ソフトクローズというのは、扉が勢いよく閉まっても、残り5センチほどのところで扉のスピードがゆっくりになり、文字通りゆっくりと(ソフトに)閉まっていくという機能のことです。

工事の最中、扉が付く前にその機構の写真も撮っていました。

ソフトクローズ部分。扉が付く前に撮影。

ソフトクローズの機能そのものは大変ありがたいので、あって良かったと思うものの、このモデルの特徴なのか、ソフトクローズ機能がはたらき出す直前に「カチッ」と音が鳴り、そして扉が静かに閉まっていくんです。

この「カチッ」が気になるシーンがあります。

それは子供が寝室で寝ているなか、部屋を出ていく時。
夜に寝かしつけてから部屋を出る際には大丈夫ですが、朝方、自分が先に起きて部屋を出るときには、この音で子供が気付いて目覚めてしまうことがあります。(まだ起きてほしくないのに!)

このパーツ自体は建築士さんにお任せしていたものだったので、次回機会があれば、より静音設計の商品を検討したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加