お任せで取り付けてもらったピクチャーレールが段々と嫌になってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーション前の間取りでは、リビングの壁際にピクチャーレールが設置されていました。
以前に室内を撮影した写真の一部に写っていたので、その部分を拡大した写真がこちら。

リノベーション前に設置されていた、埋め込み式のピクチャーレール
リノベーション前のピクチャーレール

天井に埋め込む形で設置されており、左右にスライドできるフックが3つ付いていました。
その名の通り絵を飾ったりするのに使うものですが、実際のところそこまで活用は出来ていませんでした。

今回せっかくフルリノベーションをするんだから、今度はこれをちゃんと活用しよう!と思っていたので、改めて設置してもらおうと考えていました。

しかし、いざ工事が始まると他に考えることや決めることがあれこれと出てきて、優先度が高いわけではなかったピクチャーレールの件は次第に意識から薄れていくことに。

結局、リノベーション前に設置されていたのと同様の「埋め込みタイプ」のピクチャーレールを取り入れるタイミングを逃し、ほぼ部屋が完成した状態で後付けで設置することに。

リノベーション後に設置したピクチャーレール

カタログなどを見て選んだわけではなく、建築士さん(もしくは大工さん?)のお任せで設置となったこちらのピクチャーレールですが、部屋との一体感があまりなく、むき出しな上にやや太めのデザインでもっさりとしているので、段々と嫌になってきました。

後付けでもスマートなデザインのピクチャーレールってあるんですかね。
調べたことが無かったのでこれを機に情報収集してみて、良いのがあれば自分たちで付け替えようと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加