いよいよリノベーションの工事が始まり、建物内はあっという間にスケルトン状態に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工事日が分かった時点でマンションの管理組合に申請を、また、工事が始まる1週間ほど前にマンションの上下左右の部屋の住人の方々に挨拶を済ませました。(工事が始まる際には建築事務所の方が改めて挨拶に行って下さるとのことでした。)

工事が始まると早いもので、あっという間に部屋の中はスケルトン状態に。
なかなか見ることのない光景に興味津々です。

マンションのフルリノベーション。スケルトン状態の部屋の様子。

各部屋の壁が取り除かれ、ひとつの大きな空間になりつつあります。

リノベーションのためスケルトン状態にしたマンションの天井部分の様子。

天井部分も軽量鉄骨と配線がむき出しになっています。天井の中ってこんな風になっていたんですね。
あの場所は換気のダクトが通っているから天井が下がっていたのか、といったことがよく分かります。

マンションをスケルトンにした際に出てきた軽量鉄骨の束。

各箇所から撤去された、おびただしい数の軽量鉄骨。
これはマンションの部屋の間仕切りや天井などに使用されている部材で、LGS(Light Gauge Steel)とも呼ばれているようです。
無骨なデザインですが、建築資材ってなんかカッコ良いですね。

マンションをフルリノベーションする際に出る廃材の数々。

写真中央に見える茶色の袋には、廃材がたくさん詰め込まれています。最終的にこの袋が数十袋出ていましたが、当初の見積もりに「廃材処分費」の項目があったのも納得です。これだけのゴミを処分するのは大変ですね。

スケルトン化が完了すれば、部屋がいよいよ新しい間取りへと生まれ変わっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加