リビングの扉に色が入りました。少し赤みのあるグレーを採用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋の全体の雰囲気が分からないなかでは決めることが難しい扉の色。

白、黒、濃いめのブルーなど考えていましたが、建築士さんが提案してくださったこのカラーを採用することにしました。

日塗工番号:19-50B 色名:フェアビュートープ

たまたま色見本表を撮影していました。
書かれている情報から色のことを調べてみると、下記のカラーであることが分かりました。

日塗工番号:19-50B
マンセル値:10YR5/1
色名:フェアビュートープ

少し赤みの入ったグレーです。

フェアビュートープという色の塗られたリビングの扉。

リノベーション前の扉はナチュラルの木目カラーだったため、見慣れないという意味では違和感があります。
果たして、部屋全体が仕上がった時にはどんな風に見えるでしょうか。

廊下側からリビングを見るとこんな雰囲気に見えます。

廊下から見たリビングの扉。シンプルな格子が良い感じです。

逆光なので雰囲気だけですが、窓の中にはシンプルな格子が入り、引き締まったシルエットでカッコ良い雰囲気です。

この扉と同じカラーを採用した場所が家の中にもう一か所あります。
次回はその部分をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加