建築士さんと初めての打ち合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての建築事務所訪問。

外観や内装に、その事務所が施工するデザインの特徴がよく表れています。

持ち物として、現在の自宅の間取り図を持ってきてくださいとのことだったので、忘れずに持って来ました。

席に着いて、まずは簡単なアンケートに答えたのちに建築士さんとご対面。

こちらの抱えている悩み、そしてリノベーションを通してやりたいことを伝えました。もちろんこの時には何も具体的には決まっていないし、イメージすることも難しいので、伝えたことと言えば、ざっくりと次の点くらいです。

  • 現在のリビングは日当たりが良く、開放的で気持ちが良い空間なので、これを活かした間取りにしたい
  • キャンプ道具などが片付けやすいよう、玄関の土間を広めに取りたい
  • 家族みんなの服が一箇所にまとめられるよう、ウォークインクローゼットが欲しい
  • 子供が小さいうちは家族みんなで寝るため、寝室は当面ひと部屋で良い
  • 後々に子供部屋が2部屋、夫婦の寝室が1部屋必要

このとき建築士さんに次のようなことを言われました。

「マンションのリノベーションは、限られた面積をいかに無駄なく有効に使うかがポイントです。物置になっているような部屋はありませんか?また、使い勝手の悪い収納スペースはありませんか?」

単純計算で、マンションの購入金額を部屋の面積で割ると、それぞれの部屋ごとのおよその金額が算出されます。
もし、物置になっているような部屋があるのなら、それは「倉庫」を数百万円かけて購入したのと同じ。
とことん活用しないともったいないのです。

また、日本のマンションは使い勝手の悪い収納スペースが多いとも言われました。
大手メーカーのマンションでも、「とりあえず設けられた収納スペース」が多くあり、一見すると便利なように感じますが、実際に使ってみるとサイズ感や生活の導線に合わないというケースが多いようです。

そんなこんなで、ひとまずは打ち合わせ終了。

この時点では当然、契約云々の話しにはなりません。上記の要望を踏まえ、建築士さんが間取りを考えてくれます。数週間後に出来上がるとのことでした。

どんなレイアウトになるのか楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加