オープンエアーの間仕切りと、ペニンシュラ型のキッチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プラン2」のリビング、キッチンについて

現在の間取り

現在の間取り

プラン2の間取り

「プラン2」の間取り

「プラン2」のリビング部分は、「プラン1」と比較すると大きな変更はありません。
「open air」となっている部分の壁は天井までの高さはなく、腰高程度におさえておき、空間がつながる形になっています。
ただし「room1」への出入りは廊下からのみ。
「現在の間取り」では「和室」部分へはリビング側からも出入りが可能でした。
この点が少し不自由になりそうですが、どうなのでしょうか。

キッチンについて解説

「プラン1」は「現在の間取り」とレイアウトがほぼ同じでしたが、当プランでは大きな違いが出ています。
シンクが90度左向きに回り、シンクと横並びに設置されていたコンロは独立して壁側へ。
その隣に「REF」と書かれたスペースがあり、これは冷蔵庫置き場を意味します。

「現在の間取り」では、シンクの前に気持ち程度のカウンタースペースがあります。
また、コンロ前には壁があり、リビングとの空間がここで仕切られ、すごく窮屈な感じがします。

この「プラン2」の間取りでは、いわゆるペニンシュラ型となり、シンク前が開放的で、なおかつしっかりとカウンタースペースが設けられています。
朝食など、簡単に手早くすませる場合には、このカウンターだけで十分なのでは?とのことでした。
そして、コンロが壁側に面したことで余計な空間の仕切りも解消され、広々と気持ちよくキッチン全体が使えそうです。
ちょうど浴室の右隣にある縦長の空白のスペース。
ここには食器の収納棚を設置し、その天板の上には炊飯器や電子レンジ、コーヒーメーカーなど、家電が設置される想定です。

つづいて、3つ目の提案として出された間取り「プラン3」をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加