キャンプ

【DIY】オルテガ柄キャンプ用テーブルの天板を自作

ホームセンター「カインズ」のプライベートブランド「kumimoku」から発売されているクロスレッグテーブルの丸形天板(約90cm)だけを買ってきて、お座敷スタイルのキャンプでコタツの天板として使用するためにリメイクしました。

実際の作業手順を追いながら、完成に至る様子をご紹介したいと思います。

オルテガ柄のデザインをパソコンで作製

オルテガ柄に込められた意味など全く分かっていませんが、雰囲気で「ぽい」デザインを作成してみました。

テーブルに転写するためのオルテガ柄の図面

自宅のプリンターはA4サイズまでしか印刷できませんので、分割して印刷し、貼り合わせます。

天板のセンターにマスキングシートを貼る

オルテガ柄のキャンプ用天板作成

「マスキングテープ」は皆さんご存じのものかと思いますが、用紙一枚が丸々マスキングテープの素材で出来ている「マスキングシート」なるものがあります。
1枚はおよそA4サイズ。これを、2枚が少し重なるようにしてテーブルのセンターに貼ります。

デザインを転写する

オルテガ柄を転写する様子

マスキングシートの上に転写紙を敷き、その上に印刷したデザインを重ねて、デザイン部分を上からなぞります。
こうすることでデザインがマスキングシートに写ります

デザインのラインに合わせてカットし、不要な個所のテープを剥がす

オルテガ柄に合わせてマスキングシートをカット

先ほど転写したデザインを確認しながら、必要な部分、不要な部分を意識しながらカッターで切り込みを入れていきます。

マスキングシートの不要な部分を剥がす

カットを終えたら不要な個所のマスキングシートを剥がしていきます。
この天板の素材との相性なのか、ところどころマスキングシートの粘着力に、天板表面の木が持って行かれ、少し荒れた感じになってしまいました。後ほど「味」になっていくと思うので、ここは気にせず作業を続けます。

不要な個所のマスキングシートを乗り除いた様子がこちら。

オルテガ柄の部分だけマスキングシートが残った状態

アンティークワックスを塗り込む

私たちが使用したのはターナー色彩株式会社の『アンティークワックス』。
カラーはジャコビーンです。

天板に塗り込むアンティークワックス

家で余っている不要なタオルなどを使用して塗り込んでいきます。

オルテガ柄のマスキングシートの上からアンティークワックスを塗っていく

特にこのオルテガ柄は尖った部分があるので、アンティークワックスを塗り広げるときに、タオルでマスキングシートをめくってしまわないよう、柄のそばは気を付けて塗っていきます。

何度か塗り重ねますが、ムラになってもあまり気にする必要はありません。
全体に塗り終わった状態がこんな感じ。

アンティークワックスを全体に塗り終わった様子

マスキングシートを剥がして完成!

オルテガ柄の部分に残ったマスキングシートを剥がしていきます

マスキングシートを剥がしていくと、見事にもとの木目が見えてきます。

実際にキャンプでコタツの天板として使ってみると、こんなイメージです。

お座敷スタイルのキャンプにオルテガ柄の天板を使用している様子

折り畳みにできないので、このサイズそのままで車に積み込む必要がありますが、仕上がりの雰囲気に満足なので良しとします。

セリアの『マルチツールカバーM』は鍛造ペグの『エリッゼステーク18cm』が16本入る

前回のキャンプで初めて使った鍛造ペグ。

新潟県は燕三条にある株式会社山谷産業さんが製造・販売をされている『エリッゼステーク』を購入しました。

これまではテントに標準で付いているスチールペグを使っていたのですが、せっかく良いペグを購入したので、専用のケースなどを買おうかと考えていました。

ハンマーも一緒に入るようなハードケースをイメージしていたのですが、ハードケースだとかさばるのと、ガチャガチャとうるさそうなので見送ることに。

ふと立ち寄った100円ショップのセリアで目に入ったこちらの商品。

『マルチツールカバーM』

パッケージには「ペグなどの収納に最適」の文字が。

ちょうど探していたものだったので、ダメもとで即買い。
中は深さの違うポケットが2つありますが、手前のポケットは浅く、用途が見出せません。
ペグを試しに入れてみますが、長さ28cmまでのものが入るので、自分の持っているペグは18cmのため、すっぽりと入って隠れてしまいます。(撮影用にペグをわざと少し出して見せています。)

そして、今持っているこのエリッゼステークが合計16本あり、すべて収納してみるとこんな感じ。

ちょうど16本でケースがパンパンになります。
あと8本買い足す予定なのですが、これでは収まりそうにありません。
しばらくは、テント付属のスチールペグをサブで使いながら、ゆくゆくは全てを鍛造ペグに変えて、また収納ケースも見直したいと思います。
今は一旦これで満足!

冬キャンプの寒さ対策 暖房用にトタン製の湯たんぽを購入

これからの季節、朝晩の冷え込みが強くなるため、キャンプの暖房用にトタン製の湯たんぽを購入しました。

これからはお座敷スタイルでのキャンプが増える予定をしているので、リビング部分で使用するテーブルをコタツのように使う際に使用するのと、寝るときに寝袋の中で使用するつもりです。

冬キャンプの暖房用に購入したトタン製の湯たんぽ

購入したのは土井金属化成株式会社の『トタン製 湯たんぽ 2.6型』という商品。

中に水を入れ、コンロなどの直火で加熱をして、最後にフタをして完了です。
ミニじょうご付きなので水が注ぎやすそうです。
このままだと火傷してしまうので、この湯たんぽを入れるカバーを作成する予定です。

この湯たんぽをホームセンターで2つ購入したのちに、別の買い物の用事でスーパーに立ち寄った時に、在庫処分のワゴンセールが開催されていました。

そこでまさかの発見が。

少しパッケージが違いますが、同じメーカーの湯たんぽが売っていました。
しかも、

500円!

先ほどホームセンターで購入したのは一つ1500円くらい。
やられた…と思いましたが、ワゴンセールでラスト1点の品だったため、こちらも購入。笑

合計3つの湯たんぽを購入することになりました。

今度キャンプに行く予定があるので、この時に実際に使ってみて感想をまたお伝えしたいと思います。

Amazonでも別メーカーのものでカバー付きで売っています。
カバー付きと考えると、価格はほぼ同じですね。(さすがにワゴンセールの価格は安すぎですが。)
冬キャンプの準備にいかがでしょうか。

土井金属化成 トタン製湯たんぽ 2.6型 本体

割れないLEDライト『POST GENERAL HANG LAMP TYPE 2』をキャンプで使用してみた

今回のキャンプで初めて「お座敷スタイル」を実践するにあたり、リビング部分にあたるスペースで使用するライトを探していました。

すると、どうやら『POST GENERAL HANG LAMP』なる電池式のLEDライトがオシャレで人気だということを知り、早速購入してみることに。

電球部分が樹脂で出来ているというところが、割れる心配がなくアウトドアでも使用しやすいポイントです。

本体上部からはパラコードが出ており、使用する高さにコードを結ぶなど調整して、S字フックでテントに引っかけて使います。パラコードの端はクリップが付いているので、これを使って吊り下げることも出来ます。

シェード部分のカラーはホワイトの他にブラック、サンドベージュがありましたが、シェードの透過性を考えてホワイトを購入しました。
販売ページの写真を見る限り、ブラックやサンドベージュは、シェードより上に光が行かないのでは?と思ったので、天井部分にも光がふんわりと当たってくれるよう、ホワイトを選択しました。

上の写真では、見えていない部分にLEDランタンがあと2つ吊られているので、この『POST GENERAL HANG LAMP』の光のみでこの明るさになっているわけではないですが、明るすぎず、雰囲気のあるサイト内になって満足です。

POST GENERAL ポストジェネラル HANG LAMP TYPE2 LEDペンダントライト 約50ルーメン 単4電池 キャンプ 982170002 982070014 982070015 982070016

【レビュー】岐阜県 美濃白川クオーレふれあいの里 2泊3日のキャンプで利用。

9月の4連休を利用して、岐阜県加茂郡白川町にある道の駅「清流白川クオーレの里」内のキャンプ場「美濃白川クオーレふれあいの里」に行ってきました。

オートサイトの利用で、土曜から月曜にかけての2泊3日のキャンプ。
キャンプで2泊3日は自分たちにとっては初体験です。

キャンプ場の様子をはじめ、利用してみた感想をご紹介します。

受付を済ませてオートサイトへ移動

「道の駅」といっても、ほぼキャンプ場がメインになっている場所のため、みなさんがイメージするような道の駅の構えとは少し異なっていました。

受付の棟にファーストフード店とトイレ、コインランドリーが併設されているだけのシンプルな建物です。

今はコロナの影響もあって、受付に入れるのはマスク着用のうえで、代表者の1名のみ。

受付でゴミ袋と電源ボックスのカギ、テントに掛ける許可証などを受け取り、道を挟んで向かいにあるオートサイトへ車で移動します。

オートサイトの様子

向かいに川が流れており、木立の中にあるようなロケーションのオートサイト。
全部で10サイトほどだったと思います。
ホームページの説明には「1サイト平均100㎡」との表記がありましたが、スペース内には木が生えているところもあるので、テントやタープのレイアウトによっては木が邪魔になるので注意が必要です。
自分たちが使用しているDODのカマボコテント2では、縦方向に設置した時にはサイトほぼいっぱいまで使うようなサイズ感でした。

地面が固いので鍛造ペグが無難

自分たちがもともと持っているペグは、テントに同梱されていたスチールのネイルペグのみ。
事前にこのキャンプ場のホームページに掲載されているオートサイトの写真を見たときに、砂利が多く地面が固そうだと思い、この日のために鍛造ペグの『エリッゼステーク 18cm』を調達しておきました。

実際にテントを設営してみると、場所によっては本当に地面が硬く、一定の深さからペグが刺さってくれません。
今回、鍛造ペグを初めて使いましたが、その実力に感動しました。

「こんなにもガシガシ刺さっていくのか!」と。

今回ペグを打ち込むときに「おや?」と思っていたのですが、改めてペグを見てみるとご覧の有り様。

ネイルペグが曲がってしまっていました。それほど地面が固かったんですね。
鍛造ペグのエリッゼステークの方はもちろん無事です。素晴らしい!

一部、本数の関係でネイルペグを使用しましたが、今回の経験で全てのペグを鍛造ペグに買い換えることを心に決めました。

このキャンプ場を利用するにあたっての過ごし方

オートサイトの向かいにある川から橋を見上げて撮影したタイムラプス動画です

オートサイトの向かいに川が流れています。
川幅、深さ、流れともに大したことはないため、小さいお子さんでも水着やサンダルなど準備しておけば楽しめると思います。

ホームページに書かれているマス釣りなどは、オートサイトのエリアからはもう少し上流の方で実施されているようでした。

また、オートサイトの隣のエリア(受付棟から道を挟んで真向かい)には広い芝生のスペースがあります。
芝生スペースの外周部分がグランドゴルフのコースになっており、受付棟でクラブなどが有料で借りられるようでした。
気持ち程度の遊具もありましたが、こちらは幼稚園児くらいまでが楽しめるような小さな滑り台などしかありません。

あとは、周辺を散歩をするくらいでしょうか。
コテージが立ち並ぶ方に向かって少し散歩をしましたが、これと言っては特に何もありません。

夏場だと子連れの方は川遊びで大半の時間が使えるかもしれませんが、寒くなってくるこれからの季節はそういった過ごし方も難しく、大人も少し退屈に感じるかもしれませんね。

ランチは岐阜タンメン

今回は2泊出来るということもあり時間に余裕があったので、2日目の昼間は車で都会(美濃加茂市)に出て、食材の買い出しとランチを楽しみました。

バローというスーパーを目指している時に見つけた「岐阜タンメン」というラーメン屋。横を通った時に行列ができていました。

せっかく岐阜に来たのだから何かその土地の美味しいものを食べたい、と思いながらランチの店を探していた自分たちにとっては丁度良い店で、すかさず入店。

甘みのあるスープとニンニクの香りが食欲をそそり、思わず替え玉を頼んでしまいました。これは是非また食べたいと思える味でした。
関西の方なら「神座」というラーメン屋をご存じかと思いますが、あの系統の味です。

帰り際には子供達にお菓子の詰め合わせをプレゼントしてくれ、子供達は大喜び。

テーブル席や子供用の食器、お菓子のサービスと、子連れでも利用しやすいラーメン屋さんでした。

岐阜タンメン、すごく美味しかったのでまた食べたいなぁと思っていたところ、「寿がきや」さんから即席麺が発売されているのを見つけました!

風呂問題について

フリーサイトエリアにコイン式の温水シャワーがあるようでしたが、このコロナ禍のなかでは少し不安があったので利用は見送りました。

このキャンプ場から車で10分くらいのところに「道の駅 美濃白川」があり、そこに温泉があるため2日間とも利用しました。

天然温泉で大変気持ち良いのですが、料金が少し高めです。
大人550円、3歳以上450円という設定のため、自分たちが家族で入ると1回2000円。2日間でお風呂代だけで4000円はなかなかの痛手です。探せば1時間くらいの距離にもう少し安いお風呂がありましたが、移動の手間を考えて結局両日ともに「道の駅 美濃白川」を利用しました。
いずれも夕飯前の16時台に利用しましたが、利用客は3〜4組程度で比較的空いている印象でした。

このキャンプ場を利用してみた感想

今回利用したオートサイトは電源付きだし、トイレや炊事棟も近いしと、サイトとしては概ね満足でした。

ただし次の点が気になりました。

炊事棟の蛍光灯に集まる虫の数。

季節柄もあるのか、むき出しの炊事棟の蛍光灯に多くの羽虫が集まっていました。
大半はウスバカゲロウでしたが、なかなかの数だったため、虫が苦手な方は炊事棟を利用しにくいと思います。シンクの中にも割と虫が落ちていました。

オートサイト前の川を挟んだ向かいにあるコテージエリアの利用客がうるさかった。

かなり大きなコテージが2棟立っていたようですが、片方の利用客が深夜まで大声で騒ぎ、禁止されている打ち上げ花火をするなど、マナー違反がひどかったです。

フリーサイトはかなり密。

散歩がてら管理棟の裏手にあるフリーサイトまで行きましたが、フリーサイトの混雑ぶりはなかなかなもので、隣のスペースの利用客がうるさいグループだったら本当に嫌だなと思うほど、結構密な感じでした。あの状況を目の当たりにすると、フリーサイトは利用する気になれません。

道の駅に入るための道が1車線しかない。

道の駅に入るために川に掛けられた橋を渡るのですが、この橋、車一台分しか通れません。なので侵入する前に向かいから車が来てないか十分に確認する必要があります。

総じての感想としては、交通費と時間を掛けてわざわざ行く価値は見出せなかったので、リピートすることはないかな、ということです。
オートサイトに限りますが、キャンプ場としては良いところだと思うので、岐阜県内や近隣の県など、比較的気軽にこの場所に辿り着ける方であればもう少し感想が変わってくると思います。

【設営が超簡単!】テンマクデザイン「サーカスST DX」の張り方(設営方法)の手順解説や、実際に使って感じたレビューを紹介

兵庫県丹波篠山キャンプ場 やまもりサーキットを利用したレビュー

お盆が明けた次の週の月曜日に休みを取り「丹波篠山キャンプ場 やまもりサーキット」へキャンプに行ってきました。

初めて訪れるキャンプ場でしたが、一言で言うと「また行きたいと思える、大変良いキャンプ場」でした。

自身が感じた点など、できるだけ詳細にご紹介しようと思います。

どんな人におすすめのキャンプ場?

幼稚園~小学校低学年くらいのお子さんのいる家族向けのキャンプ場です。
キャンプ場の中心に設けられたペダルゴーカート(無料)のコースをはじめ、ブランコやトンネルなどの遊具があり、少し歩いたところには川が流れていて川遊びが楽しめます。
虫あみや、水中の様子を観察できる水中メガネの無料レンタル、スタンプラリーなど、子供が楽しめる要素がぎゅっと詰め込まれています。

管理人の方の印象は?

親子3世代で運営されているのでしょうか。50代くらいの方、30代くらいの方、その息子さん(小学生くらい)と思われる方々がスタッフとしていらっしゃいました。
みなさん愛想が良く、大変親切な方々でした。
息子さんもお手伝いをされているのか、ウチの子供に声をかけてくれたり、掃除や片付けをされたりと、感心させられました。

トイレはキレイ?

管理棟の裏手がトイレです。
まだオープンして1年ほどのキャンプ場ということはあるものの、「日本一トイレの綺麗なキャンプ場」を目指されているだけに、トイレは本当にキレイでした。(内部の写真はマナーを考え、あえて写していません。)
一日に3回、決まった時間帯に掃除をされているようですが、その他のタイミングでも気になる汚れなどあれば気軽にお声がけください、といった張り紙がされていました。
男性の方は小便器が4つ、大便器が4つありました。大便器はウォシュレットではありませんでした。

炊事棟の様子は?

蛇口は14か所あったと思います。それぞれに洗剤、たわしも置いてあり、蛇口どうしも比較的距離が取られているのはありがたいです。
この炊事棟の照明はセンサーライトになっているので、夜、人がいないときは電気が消えています。そのため、常時点灯しているキャプ場に見られる「ライト周りが虫だらけ」という状況がなく、快適に利用できました。
キャンプは好きですが虫が嫌いな我々夫婦にとっては、このちょっとしたことが感動ものでした。

低い位置の水道もあるため、遊んで泥だらけになったお子さんの足を洗ったりも出来ます。

夜の気温、雰囲気は?

泊まった日の夜中の最低気温は22℃。
夕方から雷の予報となっていましたが、心配していた夕立などは来ず、夜中には空も晴れて綺麗な星空を見ることが出来ました。

寝るときはエアーベッドの上に大きめの寝袋を敷布団として使用し、掛布団的なものは使わずに寝ました。
特に暑がりな自分は寝始めは若干蒸し暑く感じましたが、明け方はさすがに肌寒さで目が覚めました。
暑がりな方でもタオルケットやガーゼ生地などを掛け布団に準備しておくと、ちょうど良いかもしれません。

Coleman(コールマン) エクストラデュラブル エアーベッド ダブル 2000031957

管理人さんは21時頃までおられて、最終の見回りをされていたように見えました。

夜中はいろいろな生き物の鳴き声が聞こえてきました。
キャンプ場のパンフレットにもありましたが、ゴミを外に出したままにしておくとイノシシやシカなどがやってくると書かれていたので、その類の獣の鳴き声だったのかもしれません。

このキャンプ場の良い点

  • 子供がとにかく飽きずに楽しめるキャンプ場
  • すべての設備がキレイ
  • お風呂が徒歩1分の距離
  • スタッフ皆さんが親切

このキャンプ場の不満点

  • 料金設定が高め
  • 土日はいっぱいで遊具の待ちが発生する
  • 車横付けサイトでも階段の上り下りが発生する(高低差1メートルほど)

利用予定の方へのアドバイス

<ギアについて>
キャンプ場の周囲に木が生えてはいるものの、ほぼ日陰が無いのでタープは必須。
地面の中が非常に硬い箇所があるので、ペグは鍛造ペグがベター。今回ネイルペグを使用しましたが、途中から入らなくなる、抜けなくなる、というトラブルに見舞われました。

<サイトについて>
車の横付けが可能なD1~D3は、ペダルゴーカート乗り場の最寄りとなりますが、ブランコなどの遊具のあるスペースからは死角となってしまいます。そちらのスペースで子供が遊びたがる場合、特にお子さんが小さい場合は親はテントを離れ、付きっ切りにならざるを得ません。
ある程度キャンプ場全体が見渡せ、子供が遊んでいる様子をテントから眺めようと思うと、ペダルゴーカートのコースに隣接したBサイトが良いと思います。
可能であれば土日を外して宿泊できると、利用者も数組程度となり、遊具もほぼ貸し切り状態になります。

<その他>
お風呂はキャンプ場利用者専用のものではないため、夜になると人が増えます。夕食前に済ませてしまう方が空いていて安心です。