洗濯物の室内干しはシンプル&オシャレな川口技研「ホスクリーン」を設置することで解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の自宅のフルリノベーションでは、「土間を広く取った」、「洗面所がユーティリティルームへと進化を遂げた」という特徴があります。

土間を広く取った理由としては、帰宅時の解放感はもちろん、アウトドア好きな我々夫婦は、キャンプ道具の出し入れをするのにスペースが広くあると助かる、という点もあったのですが、もう一つは洗濯物の室内干しをする場所が欲しかった、という点が挙げられます。

とは言え、生活感丸出しとなってしまう洗濯物干しは置きたくなかったため、色々と調べてみると川口技研という会社の「ホスクリーン」という商品を見付けました。

川口技研ホスクリーンを土間に設置

あらかじめ工事は必要ですが、天井部分にアタッチメントを設置し、それに対してポールを差し込んで使います。

使わない時にはポールを外して収納しておけば、天井部分のアタッチメントのみが残る形になり、見た目も損なわずスッキリとスマートに。

アタッチメント部分へのポールの抜き差しはとても簡単で、アタッチメントに差し込み右に回せばロック、左に回せばロック解除で外れるという仕組みで、回すときは力もほとんど要らないので、すごく不思議な感覚になります。

土間には窓もあり、風の通りが大変良いので、雨の日であっても1日干しておけば乾いてくれます。
ベランダに洗濯物を干しているとチリや埃をはじめ、花粉や黄砂、また虫などの付着も気になりますが、室内でこのように干せるのであれば、そういった要因に加え天気も気にしなくて良いので、いつでも気軽に洗濯が出来るというのは本当にストレスが無くなります。
(もちろん、浴室乾燥機も使えますが、毎日使っているとガス代もかさみますしね。。)

土間に加え、ユーティリティルームにもホスクリーンを設置しているので、洗濯物が多い日には2か所とも活躍しています。

リノベーションに合わせオシャレな室内干しのアイテムをお探しなら、川口技研の「ホスクリーン」はシンプルでいて機能的なのでおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加